Loading…

スポンサーサイト

Posted by よさくろ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSTT:MicroSDカードのファイルが消えた

Posted by よさくろ on 04.2008 マジコン   0 comments   0 trackback
DSTTで使っているMicreSDカード。

今日、愛犬の動画を書き込もうと、付属の人差し指サイズのプラの小さいUSBリーダーでPCにさし、マウントしたところ、中身が空になっていた。

ファイルの中身が表示されない。
あれー?

プロパティを見てみると、確かに1.5GBぐらい使っている。
自分ちの犬の動画、友達のシュナウザーの動画など色々入っているからたくさん使っているはず。

マイクロSDのプロパティ

しかし、エクスプローラでは、何も表示されない。
がっかり。
データはPCにバックアップされていたから良かったものの、とんだ大掃除ですよ。

これは、付属のカードリーダーがダメで、これでマウントさせるとデータが壊れたりしやすいらしい。
そんなものを付けるなー!うちのは透けた青色でしたが、他の色のもダメみたいです。
罠のようだ…

というわけで、パナのフォーマットソフトが良いらしいとか
PCマウントには、「マイクロSDカード付属の」アダプタ(SDカードと同じサイズのもので、マイクロSDを入れるスロットがある)、もしくは市販別売りのUSBカードリーダーなどでやったほうが良いらしいとか

色々調べて勉強になりました。
そういえば、付属のカードリーダー、差し込んですぐに発熱してるんで、怪しいといえば怪しかったなあ…

みなさんもお気を付けください。
スポンサーサイト

Nintendo DSで遊ぶ:マジコン:DSTT(ゲーム編)

Posted by よさくろ on 28.2008 マジコン   0 comments   0 trackback
動画・画像・音楽がなんとかなったので、ゲームも入れてみることにした。
といっても市販のにせもの版ではなく、職人さんが自作したオリジナルゲーム。

市販ゲームはやるのに時間がかかりそうなものばかりだし、実は管理人は洋ゲーのあのヘンなカラーリングセンスやデザインセンス・人を突き放したようなシステム・ぜんぜん萌えとは関係ないキャラデザが好きなのだ。


というわけで、海外の自作ゲーム(フリーウェア)を探してみた。

いっぱいあった!

オセロみたいな、丸いコマに顔が描かれていてはさんでとるもの(まんまオセロだ…)をGET。
ダウンロードすると、手元にzipファイルができる。
それを解凍ソフトで開くと、中にはもちろん英語の説明テキストと、.ndsのファイル。

.ndsのファイルを、カードにコピー。
★このときには、moonshellの中ではなく、ルートディレクトリに置くことが大事。
moonshellの中にもGAMEフォルダがあるが、ここに入れてしまうと、アクセスはできるが「not support adapter」という文字が出て動かないのだ。

DSTTを動かし、ルートからアクセス。
オリジナル風オセロが動きました。
はさんで取るだけでルールがシンプルでいい!
海外ゲームにありがちな、黄緑と紫を使用したカラーリングがナイスです。(エヴァ一号機のカラーリングだ)

余談だが、ずーっと前にハワイにいった際、ホテルのゲームコーナーに日本のスーファミの海外版が置いてあり、それが真紫というすごい色合いでびっくりしたのを思い出した。
アメリカ人の色センスはすごいぞ!

Nintendo DSで遊ぶ:マジコン:DSTT(動画編)

Posted by よさくろ on 28.2008 マジコン
マジコンに動画を入れてみよう。


先日のオリンピックで、複数の選手がiPODなどに自分のベストな動きの動画や、ライバル国の選手の動画を入れて持ち歩き、フォーム研究やモチベーションアップに役立てていると報道していた。

知人も、習っている拳法の先生の動画をPSPに入れ、型の順番やフォームをひまがあるときに見ては勉強しているという。同じように動画をDSに入れてみようと思う。


(1)DSに合う形式の動画を作る
携帯やデジカメで撮影した動画を用意する。
それらを、「dpg」という拡張子のものに変換するとDSで見られるらしい。

主な変換ソフト:
・Super-C 多種多様な形式の動画を、さらに多種多様な形式に変換できるソフト。
・dpgenc moonshellについている、movやAVIをdpgに変換するソフト。
 ※入力対応していない動画までdpgに変換した「フリ」をしてしまうらしい。
  普通は、対応できない動画なら、「この動画は変えられない」などのエラーメッセージが出るものだが、dpgencは黙って作業を進めてしまい、結局再生できない名ばかりのdpg動画が出来上がってしまうらしい。
メディアコンヴォート
 オンライン上で、ブラウザでアクセスして動画をコンバートできるサイト。


(2)動画をカードに入れる
MMCをPCにマウントさせ、ルートに動画ファイルを入れる。
拡張子はdpg。
★ここで、「MOVIE」フォルダを作ってそこに入れたくなるが、ルートにしないとだめ(らしい)
自分の体験ですが、「MOVIE」に入れたら、再生開始から20秒ぐらいでTVが壊れたような砂嵐ドット画面になってしまい、勝手に止まって数秒後電源が落ちるという現象になってしまいました。
動画はルート(フォルダを作らず、階層トップそのまま)に置きましょう。


(3)動画を見る
moonshellをスタートさせ、MOVIEフォルダを開くと動画リストが出る。
選択してAクリックで再生。


(4)トラブルシューティング
★出来た動画は、dpgshowでいちど再生してチェックするといい。(dpgencと一緒にmoonshellに
付属してくるソフト。dptoolsのフォルダ内にあります)

★動画を再生すると、上下画面とも真っ暗・真っ黒になり、音声だけが再生される。
Bを押してリストに戻るとフリーズする。
→moonshellの初期画面で、下画面の左上の丸アイコンを押す。
→システムメニューが出る。
→環境設定を選ぶ。
→下画面のタブの「System 1」を選ぶ
→DPGフルスクリーンの画面選択 に、チェックが入っていますか?
 入っていないと、タッチパネル(下画面)に映像が出る設定となってしまい、そうすると映像は出ません。
 ONにして、通常画面(上画面)に映像が出るようにします。
→右上の×マークを押し、システム画面を閉じます。
→変更を保存して電源OFF ※ここで、変更を保存してリセット を選んじゃうとなぜか止まるからダメ
→再度電源を入れ、立ち上げます。
今度は動画が上画面に現れると思います!


最初、さまざまなソフトでdpgを作り、どうやっても画面真っ暗で音だけ再生されるので初期不良か…と困っていました。
偶然上の方法を試したら、無事、上画面に動画が出るようになりました!
これでも出なかったら、
・動画はフォルダを作らず、ルートに置く
・dpgencなど、エンコードソフトのverが古い(moonshellに合わせるか、最新のものにしてみる)
・dpgencの場合、そもそも対応していない形式だった。(にせdpgが作られてしまった)
・元の動画が壊れている
・容量overとか…
・DSの充電の残りが少ないとか…(パワー不足とか…)ACアダプタさしてみたらどうか。

あとは想像と試行錯誤ですね。



Nintendo DSで遊ぶ:マジコン:DSTT(画像編)

Posted by よさくろ on 28.2008 マジコン
マジコンその2。

次は猫画像をいれて、友人に見せにいこう。

(1)画像ファイルを用意
Nintendo DSの画像サイズは、横256×縦192 のサイズ。
これより大きいものを入れても別にきれいに見えるわけではなく、無駄になってしまう。

画像ソフトで、好きな画像を上記サイズにリサイズ。

(2)画像を入れる
マイクロSDをPCにマウントさせ、自分で好きなフォルダを作る。
(作らなくて、ルートに直においても見られるようだが整理が大変なので
作っておくといい)
「PHOTO」というフォルダを作ってみる。
そこへ、猫画像を入れていく。

ファイル名は英字・漢字(日本語)どちらでもOK。
携帯でよく使われる半角カタカナは使わないほうがいいらしい。

(3)画像を見る
マジコンをDSにさす。
起動させると、トップに自作の「PHOTO」フォルダが出る。
開くと中に画像の名前がならんでいる。
好きな画像をクリックもしくはカーソルで選択してAボタン)すると、絵が見られる。


画像は簡単です。
リサイズすると、容量の節約になります。
猫画像どんどん入れるよ!!!!

Nintendo DSで遊ぶ:マジコン:DSTT(導入・音楽編)

Posted by よさくろ on 28.2008 マジコン
DSを使ってうちの猫の動画を友人たちに見せるため、「マジコン」なるものを入手してみた。
これはDSで動画・音楽・画像を再生でき、ついでにいんちきでゲームもできるという説明だが
実は管理人は小さい画面でゲームをやるとすぐめまいを起こすという体質のため、
ゲームについては最初からやる気もない。
(携帯でのゲームも、オセロとか上海などの動きの少ないゲームを一ヶ月に一度やるかやらないかぐらい)

じっさい、このDSは家族の持ち物なのだ…

マジコンはネットで購入。
掌を広げた位の紙箱の中に、ソフトと同じ大きさのマジコン本体と、親指ぐらいの長さの
USBマイクロSDカードリーダライタが入っている。

マイクロSDカードの1GBも別途用意。
手持ちのデジカメや携帯がSONY製なので、いつもはメモリースティックばかり見ている。
マイクロSDは初めて見たが、小さいね!抜き差しで下手に力をいれたらすっとばしてなくしそう。


1)moonshellをダウンロード。
場所はネットで探す。
マジコンとDSの中継ぎ。OSの役割?
PC上の好きなところに専用フォルダを作って入れてみる。
展開して中身をまずPCにインストール。
ソフト内に、動画を専用形式に変換するソフトの入った「dptools」というフォルダがある。
そして今度は同じくマイクロSDにインストール。

(2)音楽を聴く
マイクロSDをPCにマウントさせて開き、中に「MUSIC」などと音楽を入れるのだとわかりやすい名前のフォルダを作る。
そこにmp3ファイルを入れる。

(3)DSTTにマイクロSDをさす。それをDSにさす。
DSを起動すると、自動的にmoonshellが起動する。
上画面がフォルダ構成(PCにメモリーカード類をさし、マウントさせたのと同じ感じ)が出る。
下画面はコンパネ。

(4)上画面に、自分で作っておいた「MUSIC」フォルダがあるのでそれをクリック。
中に、コピーしたmp3ファイルが現れる。
それらを選択すると曲が流れる。

操作しないでいると、曲が流れたままで画面が暗くなる。

音楽については成功。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。