Loading…

スポンサーサイト

Posted by よさくろ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国製の服のにおいを消す方法

Posted by よさくろ on 08.2013 便利ワザ
カジュアル衣料で当たり前になった、中国製の服。

たまに、「焦げ臭い」「炭みたいなにおい」「機械油みたいなにおい」「石炭を思わせるにおい」…とにかく鼻にツンと来る臭いがしませんか?

ジーンズショップで黒のコットンパンツを買ったら、焦げ臭くて着てられない!

100均で着圧靴下(黒色)を買ったら、箱を開けたとたんに焦げ臭い!

これらは洗濯してもとれません。ずっと外に干しておいても、ファブリーズでもだめ。

原因は…

「染料に含まれる油が、製造(染色)プロセスでよく洗い流されていないから」

だと思います!


上記の件で調べたら、出てくる、出てくる…yahoo知恵袋やokwaveなんかでも
同じように困ってるひとが、どうやって落とせばいいの?
ぜんぜん落ちない!くさい!鼻がツーンとする!着ても大丈夫!?と質問しています。

そんな方は、試しに70度ぐらいの熱湯(お鍋で湯気立つ感じ。ボコボコに沸騰させなくてもいいです)で、洗ってみてください!
火傷に気をつけて、いらない古くなった菜箸で、お風呂場で洗面器に入れると良いです。

シャンプーを使って洗ってみましょう!
黒い服から、赤と黒が混じったような染料が出てきます!そして捨てるお湯が臭い!

熱湯によって油分を溶かして追い出す!
さらにシャンプーでも油分が分解されてるのでは?
と思えるような、濁り湯が出てきます!

どんどん洗って、捨てるお湯がきれいになってきたら、服にシャンプー成分が残らないよう、洗濯機に入れて洗います。

乾いてみると、あの焦げ臭いにおいは消えていました。
油ならお湯とシャンプー(頭皮の脂に効くわけだから)と思ってやってみて良かった!

カジュアル衣料だから、熱湯でダメになってもダメ元だ!と思える服にやってみてください。
プラスチックパーツとか、接着剤でついているビジューとか、大事そうなものがついている服では注意が必要です。
スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。